不妊女性の多くは自分で悩みを抱え込んでいるのが現状

女性不妊で悩んでいる人は多いですがいろいろな治療方法もあります。

不妊は普通の性行為を繰り返しても妊娠しない症状です。女性の身体に原因があるのは「卵管通過障害」が代表的です。

女性不妊の治療方法はどういったものがあるのか?

・タイミング法
・排卵誘発法
・人工授精
・受精卵の凍結保存

※上記が一般的ですが、詳しくは別のページで説明します。

タイミング法
妊娠しやすい時期は排卵日の2日前から排卵日までです。この時期に性行為をすると妊娠する可能性が高いです。タイミング法は排卵日を診察して性行為をするタイミングを合わせる治療方法です。

排卵誘発法
注射や内服薬を投与して卵巣を刺激します。人工的に排卵を起こさせる方法です。一般的に排卵誘発法をするのは排卵のない患者さんです。排卵を起こすために排卵誘発剤が使用されます。

人工授精
男性から採取した精液から健康的で活発・活動的な成熟した精子だけを洗浄して回収します。そして妊娠しやすい時期に専用の細いチューブで子宮内に注入します。これによって妊娠を試みる方法です。

腹腔鏡検査
「タイミング法」「排卵誘発法」「人工授精」などのポピュラーな不妊治療で妊娠に成功しなかった女性に対して行われる検査です。メリットは検査すると同時に子宮内膜症などの病気が見つかることもあって平行して治療できることです。

受精卵の凍結保存
顕微授精や体外受精で受精・生育した受精卵を冷凍して長期間保存しておく方法の女性不妊治療です。受精卵を特殊な溶液に浸します。その後、ストローに入れた受精卵をマイナス196度の超低温の液体窒素に浸して凍結して保存してゆきます。

体外受精
身体の外で精子と卵子を受精させます。その後受精卵を子宮内に戻す不妊治療です。生殖補助医療があって順番にステップアップして実施されることが一般的です。従来は高度不妊治療という位置づけでしたが、近頃は一般的な不妊治療として捉えられています。

顕微授精
体外受精の一種がこの顕微授精です。対象になるのは次のようなケースです。
・ある一定期間人工授精をしても妊娠しないケース
・精子に不妊症の原因があるとみなされるケース
・卵管の閉塞が不妊症の原因と考えられるケース

男性に問題がある不妊症とは

不妊症の原因は女性だけではなくて男性に問題があることもあります。(1)射精の問題と(2)精子の問題です。こういったトラブルがあれば精子と卵子が出会うことができません。出会えた場合でも女性することができないので不妊の原因となってしまいます。
射精の問題
一般的には「性交障害」と呼ばれます。きちんと勃起しなければならないとか上手に射精しないといけないなどメンタル的なストレスによります。これによって勃起障害(ED)になるのです。性行為ができても膣内射精ができない場合も妊娠はできません。

精子の問題
膣内射精した精子は移動しながら卵子に向かって受精を試みますが精子を作っている睾丸(精巣)に問題があれば妊娠できません。精子の濃度が低かったり運動率が悪いからです。中には無精子症といって精液の中に精子が全く見られない症状もあるのです。

妊娠を高めるアプローチとは

不妊治療とひとくちにいいますが、さまざまなアプローチがあります。女性と男性にそれぞれ原因がある場合も少なくありません。また検査をしても原因が掴めないこともあるのです。原因が分からなくても不妊治療をすることによって妊娠できるケースもあるのです。できるだけ早期に適切な対処をすれば妊娠の可能性を高めることはできるのです。