不妊症の原因は一体どこにあるんだろう?

妊娠をしたい男女が性行為をしても妊娠できない状態のことです。健康体の男女が排卵の時期を意識して性行為をした場合、自然妊娠する確率は二十歳代でも2割から3割です。一般的には1年以内に9割の女性が妊娠できるとされています。近頃では1年経過しても妊娠しないケースで不妊検査をするのが普通です。35歳を越える場合は半年でも検査をするほうがいいでしょう。

不妊の原因になっているのは男女どちらが多いの?

不妊の原因は3つに区分されます。(1)女性不妊(2)男性不妊(3)原因不明です。WHOが実施した不妊の原因の調査では41%が女性のみ・24%が男性のみ・男女共不妊の原因を持っているのが24%・原因不明が11%となっているようです。不妊治療というと女性の原因が注目されがちですが、実際のところ男性が関係しているケースが半分ほどあるわけです。

女性不妊になる原因の種類と特徴

女性が妊娠するには一連の流れがあります。排卵された卵子が卵管に取り込まれて精子と受精します。卵管を通って子宮にたどりついたあとに着床するのです。こういった流れの中でどこかでトラブルが発生すると妊娠しにくくなります。女性不妊の原因を見極めるには、どこでトラブルが発生するかを見極めるのが大切です。

排卵の問題

根本的なことですが卵子が排卵されないと妊娠には至りません。「排卵障害」は排卵がなかなか起こりにくいケースです。原因として考えられるのは(1)早発卵巣不全(2)多嚢胞性卵巣症候群(3)脳下垂体ホルモン分泌の異常などが考えられます。

卵管の問題

卵管は卵子の通り道です。ここが詰まってしまったり、卵子が卵管に取り込まれなかったりするトラブルがあります。原因として疑われるのは「子宮内膜症による癒着」や「クラミジアなどの性感染症による原因」です。

子宮内膜症

卵管の周囲で癒着がおこってしまうことで女性赴任の原因になります。腹水が受精を阻害していることもあります。

子宮頸管の異常

子宮頸管は子宮と膣をつなぐ筒状の器官です。普通ならば頸管粘液が性行為のときに精子を蓄える役割をします。この頸管粘液の酸性度が高いレベルになったり量が少ないと妊娠しにくいです。

着床障害

受精卵が子宮内膜に上手く着床できないと妊娠しません。原因として疑われるのは子宮筋腫などで子宮腔にトラブルがあるかホルモンの異常で子宮内膜が充実しないことが考えられます。

抗精子抗体

精子不動化抗体は精子の運動を妨げます。精子が動けなくなると精子と卵子が出会えませんから妊娠しません。