女性不妊のタイミング法とは

妊娠しやすい排卵の時期に合わせて性行為をすることをいいます。妊娠を希望しているならばまずはこの方法をお試しになるといいでしょう。

妊娠しやすい時期をチェックしてセックスを繰り替えすだけでいいです。妊娠する確率は2年間で60%から70%まで上昇させることが可能であるという統計データがあります。

妊娠率は精子と卵子が出会うタイミングによってかなり違います。精子にも卵子にも寿命があるからで、タイミングがずれてしあうと妊娠する可能性はダウンします。

自然妊娠を目指すタイミング法

排卵日と性行為のタイミングを合わせることがポイントです。妊娠するためには女性の卵管に卵子があるコンディションが理想的です。通常は排卵日の5日程度前から排卵日がベストタイミングです。

ですが実際に卵子の寿命は6時間程度です。排卵する前に性行為をすることでどうなるのでしょうか?精子が群がって卵管内に卵子が排卵されるコンディションをつくることが受精卵をつくる目的では適しているのです。

病院ではどういった治療をされるのでしょうか?

排卵日は超音波検査医によって卵胞の大きさを測ったり尿中黄体化ホルモン(LH)検査や頸管粘液検査をします。これによってほぼ正確に予測ができるのです。女性不妊で悩んでいるケースは性行為のタイミングが理想的でないことが意外に多いのです。

このタイミング法をしてみるだけで妊娠するケースも多いです。不妊の理由が明確な場合は「薬物治療」「人工授精」「体外受精」などの治療と並行して半年から1年間程度をかけて実施することが一般的です。

タイミング法をするには妊娠の仕組みを知っておくことが大切です。子宮の内側にある子宮内膜は一定の周期でコンディションが変化します。

妊娠できる時期になると厚みを増して柔らかくなります。卵巣の中では卵子を包んでいる卵胞が成長してきます。成熟すると卵巣の壁を破って卵子が飛びだします。これが排卵です。

排卵した卵子は卵管に取り込まれます。ここで精子が到着することをじっくりと待っているわけです。精子と卵子が結合することによって受精卵となります。精子と卵子にはそれぞれ寿命があります。だから性行為のタイミングがとても大切になるのです。