女性不妊治療の人工授精の基礎知識

名前の印象から人為的に妊娠するようなイメージがあります。ですが実際はそのイメージとは違うでしょう。男性に精液を提供していただきパートナーの子宮に注入する方法です。精子の数が少ない場合や運動率が低い場合に利用されます。

健康体の男性の場合の精液量は1.5から4.0mlです。精子濃度は5000万/ml以上になりますので、一般的に1回あたりの射精では7500万から3億程度の精子になります。人工授精には4000万程度の精子が必要です。精子濃度が1000万/ml以下や精子無力症(運動率が極端に悪い)場合は体外受精を選択肢に入れましょう。

精子と卵子の距離を縮めてあげる人工授精

排卵が近づくにつれて女性の身体は精子を受け入れやすいように準備を始めます。子宮頸管粘液が増えてくるのです。この子宮頸管粘液が充分でない場合は精子がスムーズに子宮に入ってきません。だから人工授精することで精子と卵子の距離を縮めてあげるのです。近道をさせることで妊娠する確率を上がることを期待します。

女性の身体にパートナーの精子に対して抗精子抗体ができる場合も人工授精が行こうです。抗精子抗体ができてしまうと女性の身体はパートナーの精子を異物と判断します。廃除してしまうので女性不妊になります。抗精子抗体反応は膣内でおこります。だからバイパスをして安全な子宮内に精子を注入するのです。抗精子抗体の有無は女性の血液検査でわかるようになっています。

人工授精の具体的な方法(パーコール法とスイムアップ法)

従来は精液をダイレクトに子宮に注入するシンプルな方法でした。しかしこの方法は妊娠率も低いです。精液には細菌が混じっていることもあります。現在主流になっているのは2つの方法です。
パーコール法は濃度勾配で質の高い精子だけを分離する方法です。スイムアップ法は元気が良い精子が精液を上の方に泳いでくる性質を利用し回収する方法です。

人工授精と体外受精の保険や費用などの違い

男性も女性も両方の検査で異常が認められない場合もあります。これは「機能性不妊」とか「原因不明不妊」と呼ばれます。こういったケースも人工授精が行われます。精子と卵子の距離と縮める意味もあります。また高度生殖医療に進む前の治療でもあります。体外受精の高度生殖医療をする場合に1回あたりの医療費は30から60万円必要です。人工授精も健康保険の適用はできませんが1回あたりは1万円から3万円程度です。

人工授精は全体的に妊娠率が5から10%程度です。これを5回から10回チャレンジしてみて妊娠しないならば体外受精にステップアップするパターンが多いです。